Hadoopの日本での利用状況


日本でも、2009年~2010年頃から、
楽天、amazon、クックパッドなどのIT企業やIT先進企業が
活用を始めていましたが、2011年にクラウドコンピューティング
が注目を集めて、サービスが充実し、一般企業での利用が普及
すると共に、クラウド環境を活用するための基盤システムとして
広く認知されるようになりました。

当初は、Googleに代表される企業と同様に、
Webサービスで取得した大量のアクセスログを時間効率よく
分析することから、利用が広まりました。

しかし、その後、バッチ業務のスループットを大幅に改善できる
点に注目した事例が2012年前半に公表されるなどして、
基幹業務での活用を検討する企業が増加してきています。

2012年は「ビッグデータ」というキーワードも一般化しました。
Hadoopは、分散コンピューティング基盤として、
今後、増々注目される技術になっていきます。

 

- Sponsored Link -